« コクヨS&T新製品フェア2009見学記録(7/28):⑦第二部パート6 SYTEMIC | トップページ | Wammyで遊んでみた »

コクヨS&T新製品フェア2009見学記録(7/28):⑧(終)第二部パート7 防災用品とエコバツ

■防災用品:防災の達人シリーズ
http://www.kokuyo-st.co.jp/solution/bousai/bousai-tatsujin/

KOKUYOから防災用品がリリースされているのはちょっと驚きました。でも、オフィス機器を取り扱うという一環で考えて、案外しっくりきました。

紹介されたのは、防災ヘルメットの中に防災用品一式を収納する非常用品セット。9月発売とありましたが、ちょうど昨日発表がありました(http://www.kokuyo.co.jp/press/news/20090818-006.html)。

コンパクトに収納できるというなかなかの優れモノ。特に注目すべきは、「ヘルメットしころ」でしょう。ヘルメットにつけて首から襟を防御するものですが、結構襟首のあたりってなるほど無防備なんですね。火の粉が飛んだ際、女性の長い髪に火の粉が飛ぶことがあるという点にも納得。なるほど盲点でした。写真で紹介されているのも同コンセプトのセーフティハット。これもしころつきの製品です。

ただ、職場居室内を見渡すと、防災用のヘルメットって結構邪魔っぽく置かれているんですよね。KOKUYOのサイトにも机の下にひっかけて収納するようなイメージがありますが、狭い日本のオフィスだと膝が当たってまた辛い感じ。折りたたみができるヘルメットがあるとその点便利じゃないかなと思います。

■エコバツ
http://www.kokuyo.co.jp/ecology/ecox/

これは何とも潔い取り組みです。あっぱれだと思います。普通の企業は自社の環境適合製品を謳うものですが、KOKUYOのエコバツはあえて「環境適合していない自社製品を「環境不適合」と表示する」というものです。そしてそれを2011年には全て「エコマル」製品に切り替えていこうという。しかも今年になってさらに基準を厳しくして、一気に対象が全製品の26%から65%に増えちゃったようです。

「自分の製品がどれだけ環境に優しくないのか」を敢えて打ち出し、その削減を短期間で達成するという高い目標。同じ環境対応を謳うにしても、この発想はさすがKOKUYOだなと思います。この手法、追従する企業がどんどん出てくるといいなと思いますね。

■おわりに
というわけで、見学レポートは終わりです。本当はフリーカットメモ:TibitやスリムB5ノート等の製品に触れたり、お話ししたりしたかったのですが、時間が押してしまい叶いませんでした。一人最後まで展示会場に居残ってしまい、目いっぱいお付き合いいただいたコクヨS&TのKさんには、本当に感謝したいと思います。でも本当に楽しい時間でした。まさにあっという間。ぜひぜひまた参加したいです!

|

« コクヨS&T新製品フェア2009見学記録(7/28):⑦第二部パート6 SYTEMIC | トップページ | Wammyで遊んでみた »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクヨS&T新製品フェア2009見学記録(7/28):⑦第二部パート6 SYTEMIC | トップページ | Wammyで遊んでみた »