« インフルエンザ予防措置 | トップページ | 週末の図書館通い »

【考察】ガバットファイルが普及しない理由

7月のKOKUYO新製品フェア2009の記事をブログで紹介しましたが、そのお礼として「ガバットファイル」を頂きました。7月に発表されたクリアな透明タイプ:「ガバットファイル<design-select>」です(プレスリリース)。

このガバットファイル、社員の方がいちばん悩んでいた製品です(参照:見学記録)。「このような商品を世に出してこなかったからマーケットが小さいのか、それともマーケットが小さいからこのような商品がなかなか世に出ていかないのか、ニワトリと卵のような状態」という話でした。

小学校や幼稚園のプリントを綴じる用途について当日も話が出ましたので、「せっかくだから幼稚園のプリントを綴じるのに実際使ってみよう」と思いました。しかし今回頂いたのはA4サイズ。幼稚園のプリントはB4サイズ(なのでバインダーとしての最適サイズはB5)。これじゃあ合わないじゃんと思い、KOKUYOのサイトでラインナップを調べてびっくりしました。

なんと、B5サイズのラインナップがほとんどないんです。従来の活用タイプ(紙製),、保存タイプ(紙製)に青・グレーがあるだけ。しかも今回発表された「ガバットファイル<design-select>」はA4サイズのみの商品設定。

KOKUYOさん、あまりにも家庭で利用することを想定していなさすぎ。これじゃあ普及するわけないですよ。

ちなみにプレスリリースにはこう書いてあるんです。
-----
「この度、ユーザーからのアンケートの結果、現在使用しているガバットファイルの「色」や「デザイン」について3割近くが不満を持っていることが判明しました。(2009年4月コクヨS&T調べ)」
-----

ここに「サイズ」の観点が抜けていると思います。家庭への普及が次の展開の鍵だと思いますが、その際にB5サイズは絶対に外せないはず。

そして「デザイン」。これはdesign-selectで前進しましたが、まだまだでしょう。

従来のラインナップは無難というかコンサバなデザインなので、オフィスで利用するには適しています。幼稚園や小学校側でプリントを保管する目的には合うでしょうね。しかし家庭で使うには素っ気なさ過ぎてNGです。その点、今回のdesign-selectはクリアタイプでとても良い感触なのですが、A4サイズしかない上に色も「クリア」と「クリアブルー」の二種類のみ。

幼稚園のプリントって、保育士の先生達が心を込めて書いてくれる、イラストたっぷりのかわいいものなので、しっかり保存しておきたいんです。特に女の子の場合はやっぱりピンクのバインダーに保存したいというのが当然といって良いくらい。それこそWammyキラキラキュートのようなラメ入りの素材で良いんじゃないですか?

実際に家庭でプリントを保管するイメージから遠いので、利用シーンの現実味が沸かないことが、ヒットにつながらない理由じゃないでしょうか。

僕がこの商品の商品企画担当者ならこういうリサーチをします。

  • 実際に一年間でどのくらいのプリントを小学校・幼稚園からもらってくるのか。(B4サイズを二つ折りしてB5サイズとして換算し、何枚もらって何cmの暑さになるのか)
  • 女の子のいる家庭、男の子のいる家庭でどのような色が好まれるか。
  • 学校や幼稚園で保管する時に、色がどのような意味を持っているか(ちなみにわが子の通う幼稚園は三年保育で各3クラスなので計9クラスありますが、この9クラスそれぞれに固有の色があてがわれています。なので色で区別するという要素はあるはず。)

それに学校や官公庁だからといってコンサバなデザインで良いだろう、というのはデザインの放棄ですよ。こういった些細なことが教育や官公庁の現場に活力を与えるでしょう。だってビジネスウーマン向けのアイテムが豊富なデザインで彩られているのに、仕事をするという意味では同じ立場であるはずの教育や官公庁にデザインしないなんて、なにかバランスを欠いている気がしてなりません。

KOKUYOさん、せっかく良い製品なんですからラインナップの拡充と、家庭での具体的な利用シーンを想定したプロモーションを是非ともお願いします!
※ちなみに頂いたA4のガバットファイルはマンションの理事会広報を綴じるファイルとしてしっかり活用します!

|

« インフルエンザ予防措置 | トップページ | 週末の図書館通い »

文房具」カテゴリの記事

コメント

ついにやってきました!笑

会社ではいつもお世話になっております★

がバットファイル!
確かに確かに!と思いました

可愛くないんですよ!w
色に色気がないんですよーいろんな意味で。

今やパーソナルカラーを進める趣味講座もある時代なのに
「デザイン」を意識しない製品がまだ日本には多いなと感じます。

生活の一部になるからこそ
持っていて「イイ♪」もの持ちたいですよね。
製品の仕様がイイ
持っていて気持ちがイイ♪
使っていて心地がイイ♪

大事ですよねぇ~
市場にもっとピンクが普及すればいいのに!w

投稿: ゆうこ | 2009年10月 3日 (土) 22時46分

>ゆうこさん

コメントありがとうございます。
初コメントですよ。本当に感謝感謝です。

でしょう?
機能的には優れていて、便利なのもわかっているに、デザインの部分でだけ購入に至らないというのはもったいないと思うんですよ。

まあ、SKUばかり増えてもコストがかかるし、在庫もそれだけ抱えてしまうので、という都合は同じメーカー勤めの者としてよくわかるんですけどね。

でも、幼稚園や小学校をモニターにして、そこで利用されている文房具や事務用品をトータルでコーディネートする企画を出してもいいんじゃないかなと思います。KOKUYOさん、どうでしょう?
園長先生に掛け合ってみようかな。

投稿: Viento Sur | 2009年10月 4日 (日) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザ予防措置 | トップページ | 週末の図書館通い »