« 長い軸とノック式が秀逸:ぺんてる Handy ホワイトボードマーカー | トップページ | CEATEC2009(2009/10/09)④PC編:vaio Xと教育用ネットブックの秀逸さ »

SYSTEMIC:利用開始1ヶ月半後レポート

8月下旬にコクヨS&TのSYSTEMICを使い始めました(参照)。それから約1ヶ月半。使ってくる内に色々とわかってくることがあったので、改めてレポートします。

結論をはじめに言っておくと、この製品やっぱりとっても使いやすいです。ゴムの安っぽさという問題は確かにあるものの、携帯性は良いし、やはり剛性の高いカバーなのでとても書きやすい。製品としては本当に気に入っています。これが正直な気持ちです。

ただ一点ちょっとした問題が。「カバーに手帳のページが引っかかってしまう」んです。

40D_2009_10_11_7225SYSTEMICの裏側、つまり左右のノートを差し込む部分は、半透明の堅いビニールの部品で構成されていますが、表面のナイロンの折り返しが少ないので、ここに手帳の最初の数ページが引っかかることがよく起こりました。(右写真参照)

引っかかったままそれを閉じると、ページの端が折れます。差し込んだノートや手帳にもよると思いますが、僕が差し込んでいたアクションプランナーの場合は、はじめの4枚程が1mm程度折れてしまいました。

当初は折れている原因がわからなかったんですが、何度か開いたり閉じたりして検証してみたところここが原因だとわかりました。

40D_2009_10_11_7229 40D_2009_10_11_7228

この差し込み部が半透明なのは機能的であり、それ自体は重宝していますし、折れるといっても軽微なんですが、この問題判明後、下記の通り手帳を見直すこととしました。

  • スケジュール手帳(アクションプランナー)は元々のエグゼクティブライン本革ブラックに戻す
  • SYSTEMICにコクヨS&TのCampus high grade MIO PAPER B罫80枚を収納
  • マルマンのMnemosyne A5の5mm方眼を追加

40D_2009_10_11_7231 ずっと欲しいなと思っていたCampus high grade MIO PAPER。Amazonにもありましたが、楽天で安く手に入るショップを探して購入しました。まずは3冊。80枚というのは結構厚みが出てしまうかなと思いましたが、意外とそうでもありません。

MIO PAPERは思っていたよりも薄い紙ですが、表面はさらっと滑らか。「ゲルペンに最適」とありますが、確かに。フリクションボールで書いていますが、良い感じです。そしてしっかりした紙なのでしょう、薄くてもこれまでのところ裏写りはしていません。表紙のコーティングも上品で、背表紙のシルバーも素敵。この色合いのバランスがとても気に入りました。

ちなみにMIO PAPERはMobile Ideal Original writing PAPERの略。「携帯性が良く『書く』に理想的なオリジナル筆記用紙」。そして漢字に「」の字を当てる粋。しびれますね。

40D_2009_10_11_7233 40D_2009_10_11_7232

40D_2009_10_11_7236 

40D_2009_10_11_7241そしてやっぱりB罫は使いやすい。A罫だとどうしても必要以上に文字が大きくなってしまうので、B罫をやっぱり使いたかった。良い選択でした。

ちなみに左側に収納したのは、はじめからSYSTEMICについてきた意匠ノート。これがB罫だったらいいのに・・・とつくづく思います。見ておわかりになるとおり、意匠ノートの裏表紙には大小2サイズのポストイットをストックしてあります。

このMIO PAPERは「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」で紹介されていた母艦ノートとして活用することにしました。A5のサイズはちょうど良いですね。開いてA4サイズになるので扱いやすく、携帯性も高いし。

ということでこういう構成でまた使い続けようと思います。

40D_2009_10_11_7240さて、このCampus highMIO PAPERを購入したのは「教材club T&Y」というお店。素敵だったのは、「お買い上げ明細書」に手書きのメモが添えてあって、しかもそのメモがデザインフィルのD-CLIPSネコ柄で留められていたこと。オーナーさんはかなり文房具が大好きな方なんだろうなと思います。素晴らしい心遣いにとても嬉しい気持ちになりました。このお店、文具好きの方には心からオススメします。

キャンパスノート(MIO PAPER)A5 ノ-GG108B

|

« 長い軸とノック式が秀逸:ぺんてる Handy ホワイトボードマーカー | トップページ | CEATEC2009(2009/10/09)④PC編:vaio Xと教育用ネットブックの秀逸さ »

文房具」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございます。

澪・・・いいですよね。紙質。

また、この記事、公式サイトで紹介させて頂きます。

http://www.note272.net/

投稿: 美崎栄一郎 | 2009年10月18日 (日) 04時10分

おおおお・・・びっくりです。
美崎さん御本人にお越しいただけるとはっ!
SYSTEMICがメインの記事でしたので、まさかまさか想像もしておりませんでした。
しかもご紹介までして頂けるなんて感謝感激です。楽しみにしております。

MIO PAPER、本当にすばらしいです。
薄いのにしっかりしているから、80枚でもそう大げさな厚みにならないところがまたいいですよね。

今後もせっせとアウトプットしていきますので、また是非いらっしゃってください。
今度直接お会いする機会があれば幸いです。
ありがとうございます。

投稿: Viento Sur | 2009年10月18日 (日) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長い軸とノック式が秀逸:ぺんてる Handy ホワイトボードマーカー | トップページ | CEATEC2009(2009/10/09)④PC編:vaio Xと教育用ネットブックの秀逸さ »