« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

遠藤功さん『競争力の原点』刊行記念講演会&サイン会(2010/1/19)@丸善丸の内本店

20100119203119先週は月曜日に引き続き、連日で丸善での講演会に参加しました。早稲田大学大学院商学研究科(ビジネススクール)教授であり、ドイツのコンサルティング会社ローランド・ベルガー日本法人の会長でもある、遠藤功さんです。

遠藤先生の声質も口調も熱がこもっていて、最初からハイペースな内容に。とにかくあっという間の講演会でした。

■日本の現状
リーマンショックが起きたから日本の現状が悪いという訳ではなく、そもそも日本はマズイ状態にあったのではないか。結局はこれまでの成長曲線がピークアウトしている状況にあったのであって、リーマンショックはきっかけに過ぎなかった

anothercurve 戦後の高度成長を支えた50年の成長カーブは終焉を迎えたが、一方これは新しい次の50年のカーブのスタートポイントでもあるということで。
このとき、日本・日本企業は何を大切にすべきなのか?それは日本企業の原点に回帰することではないか。体格ではなく、体質で勝負すべきなのではないか、というのが本著作「競争力の原点」での根幹となる考えです。

企業にいてこの表現には本当に実感としてあります。どんよりと思い閉塞感に包まれていたような感覚が、勤め始めてからここ10年ずっとありました。しかし景気はずっと上り調子だった。この状態は今思い返せばものすごい違和感であり、だからこそ抜本的な手が打たれてこなかったのでしょう。

先日見たアンケートで、「オフィス製品は中古品でよい」と答えた人が半数以上に上るという興味深い結果を目にしました(誠Biz.ID:「役員報酬」は無駄、オフィス家具も9割が「中古でいい」)。この市場感覚は当然であると思います。そうであるにも関わらず、大量にOA機器をこれまで通り作り続けることでよいのか。これもずっと抱えていた疑問点でした。このような実感と重なり、「新たな50年を見据え、これまでとは違う価値を創出していかなくてはいけない」という感覚に、自分の中で発展していきました。

■日本・日本企業の体格と体質
体格
を象徴する人口は今後減る一方。GDPはまだ高い状態にあるけれど、一人当たりGDPはこれのどこが豊かなのか?と言いたくなるほど著しく低い。体格に関する指標は、日本はどれも低い状態である。

一方の体質。特許出願件数による技術の蓄積が大きい。産業用ロボットは日本の得意とすべき分野である。または電車の遅れが秒単位という世界基準でみれば虚い的な数値。この緻密さは日本の良さそものものである、と。

結局はWBCで日本が二連覇したことはアメリカ・キューバに代表されるビッグ・ベースボールに対して、日本のスモール・ベースボールが勝利したということ。ビッグは大きいというよりは大雑把という意味であり、一方のスモールは緻密・きめ細やかさ。この体質の良さこそが、次の50年の新しい成長カーブを描く際のキーワードではないか、という考えです。

■脱コモディティ→プレミアム立国へ
結局、体格で優る中国やインドといった新興国に対して、価格以外に差別化要素のないコモディティ市場で勝負するのではなく、プレミアム市場へと大胆な戦略転換をしなければいけない、と説いています。

プレミアムとは、圧倒的に付加価値が高い、圧倒的に品質が高い、圧倒的にサービスが良いという水準のことを指す、という定義でした。この「圧倒的に」という表現こそがポイントで、中途半端なクオリティではだめ。

premiummatrix とにかく戦いの軸を変えよ、という内容には興味を持ちました。プレミアムであるためには、機能的価値(Functional Value)だけではなく情緒的価値(Emotional Value)を追求すべきである、と。

製品はその機能のみが大きな差別化要素としての意味を持ってきました。しかし自社で新製品の市場投入に携わってきた身としては、企業側の追及する機能・技術がいくら高かったとしても、市場のニーズとは乖離しているというのが(実際にマーケットに直面した仕事をしていないにしても)実感としてありました。

それは何が足りなかったかといえば、情緒的価値だったんですね。その製品・サービスを持っている・享受していること自体に価値があったり、または持っていることで付加的な価値が付帯されたり、感情に訴えかけるような価値を有していたり・・・そのような次元には達していないのだということになります。

このポイントは質問リストに挙げていたのですが、情緒的価値の表現を受けて気持ちとしてはスーっと解消しました。

■まとめ
ATMという表現がとても心に残りました。「A:明るく、T:楽しく、M:前向きに」という意味がこめられています。この言葉、以前の勝間流三毒追放のときと同じく、会社でPowerPointで大きく作成し、自席に張り出しました。すぐ管理職の方を中心に複数の反響があって、このスライドをお渡ししました。三毒追放が「~ない」という禁止の表現でまとめられているのに対し、このATMはひたすらポジティブなところがまたよいです。

■質疑応答
競争力の原点」はとても読み進めやすい内容・構成になっているので、連日の講演会ではあったものの、しっかり予習してから臨むことができました。また、講演を聞き、内容をメモしながらも別に質問項目をまとめることができたくらいなので、やはり準備してから臨むと講演会の価値は何倍にもなるなと実感しましたね。

「日本人・日本企業のよさである現場の民力についてはわかるが、その民力を発揮することを阻害する要因となりうる、日本・日本企業の注意しなければいけない欠点は何か?」という質問を投げかけました。

これに対する回答は、ズバリ「経営者です」というお答えでした。経営者がどうブレずにリーダーシップを持てるかにかかっています、とのこと。過去の50年の成長カーブの終焉にいるという認識か、それとも新たな成長カーブのスタートにいるという認識か、この意識確認を経営者に対して投げかけてみては?という回答を頂きました。

また、僕より前に質問した方の質問が興味深かったですね。「欧米もプレミアムを追求してきた場合、どのような競合状態になるのか」という内容です。正確な記憶ではありませんが、こんな表現ではなかったかと記憶しています。素晴らしい質問だと思いました。

これに対する遠藤先生のコメントも更におもろかったのです。
アメリカは物を作らないという選択をしているので、競合するとすればヨーロッパ企業のプレミアムだと思われる。しかし、プレミアム市場は分散市場であり、人々の嗜好に合った、さまざまなタイプのプレミアムが生き残ることができる。そして世界は緻密かつ繊細な日本のプレミアムに反応する・・・という回答でした。一方でコモディティは価格で淘汰されてしまうので最終的に1社しか残らない、と。

■所感
40D_2010_01_20_8671 いやあ、今回のメモは本当に長くなりました・・・それくらい内容の濃い時間で、本当にあっという間の一時間強でした。しかしお読みになる皆さんのためにはなっていないですね。

興味深かったのは前日の伊丹先生の「イノベーションを興す」との考え方の違いです。伊丹先生は「御用聞き営業ではだめだ」と述べている一方、遠藤先生はツールクリニックを実施しているサンドビック社の取り組みを例に、御用聞き営業の重要性を説いている。奇しくもこの単語が前日と違う取り扱いを受けていました。

この講演会も、前日に引き続き岐阜の賢明なる読書家さんと一緒に参加しました。しかも彼が東京で知り合った仲間と一緒の参加でした。遅い時間になっていたのでごあいさつ程度でしたが、今度またゆっくり話す機会がほしいなと思います。
またよろしくお願いします!

 

| | コメント (0)

待望のXperia発表

ドコモの冬モデル発表時から噂のあった、ソニー・エリクソン製のAndroid携帯電話であるXperia X10について、今日正式にプレスリリースがありました。

■Xperia(TM) | 製品 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart_phone/so01b/index.html?ref=gp_top

■Xperia™ | ソニー・エリクソンhttp://www.sonyericsson.co.jp/product/docomo/so-01b/index.html

しかし1月のこの時期に発表した割には発売は4月・・・正直待てません。

この端末、機能的にはもちろん申し分ないのですが、とにかく美しい。所有するということに対する情緒に訴えかける要素が非常に強い製品です。

ソニーファンとして、SO503i、SO504i、SO505i、SO506ic、SO905iと携帯電話はソニー・エリクソン製を使い続けてきました。SO906iを最後に新端末がリリースされず、さみしい思いをしていたところです。しかし、SO905iのバリュープラン2年縛りもあって機種変更できませんでしたが、それもこの12月で満了。条件はそろっているという絶妙のタイミングです。

仕様面では本当に文句なしの素晴らしい仕上がりですが、唯一気になるのが音楽データがATRAC対応していなさそうだということ。サイトを見てもATRACの記載がないので、この一点がものすごく不安な思いです。

音楽資産はすべてATRAC Advanced Losslessで貯め込んでいるので、これがそのままPCから転送できないとなるとちょっとショックが・・・

そういう意味では4月まで時間があるので、微細な仕様変更に期待しているところです。

さあどうなりますか・・・?

| | コメント (0)

ワークライフバランス手帳への改善提案

小室淑恵のワークライフバランス手帳2010」をよもや使い続けられなくなるとは思っていませんでした(参照)。それだけ手帳というものはフィットさせるのが難しい代物なのだということですね。今回それを肌で知りました。だからこそ、たくさんの商品が世に出ているのでしょう。

個人的には、小室さんの手帳を一年間使い倒したかったのです。たくさん込められているメッセージや、四半期ごとに振り返るオリジナルのフレームワークに共感して、選択したわけですから。

しかしながら年末のエントリーでも表現したとおり、主に4つの原因があり、アクションプランナーに再度切り替えざるを得ませんでした。これらのポイントが克服されれば、ワークライフバランス手帳に改めて戻ってこられるのかもしれません。

しかし、それ以外にもいくつか使っていて気付いた点がありますので、下記に展開したいと思います。もちろん、これらもI statement。僕が使っていて感じるポイントに他なりませんので。

■改善提案1:スケジュール使用方法ページをWeb化する
冒頭に手帳の使い方を解説しているページがあります。これは軌道に乗ってくるまでは重要な情報ではありますが、軌道に乗った人にとっては(振り返ることはあるとしても)常に一体で持ち歩くものではなくなります。

40D_2010_01_20_8673 40D_2010_01_20_8674

こういった手帳の使い方のヒントは、むしろWeb上に掲載することの方がよいものではないでしょうか。使い続けてくるとやはり新たなTIPSや活用事例が出てくるものですし、そういう情報を定期的に紹介いただくことで、長く使い続けられることにもつながるのではないかと思います。

■改善提案2: メモページの削減
メモを記載できる方眼罫のページが、後半に配置されています。スケジュールとメモ帳を一冊で管理したいという方には、適していると思います。それに方眼罫なのは個人的にとても使いやすいので、それ自体は素晴らしいと思っています。

40D_2010_01_20_8672 しかし、一年分のメモスペースとして考えると、とても少ない量です。製本されて綴じられているので、余白ページが無くなっても付け足すことはできません。個人的には1カ月もしないうちに終わってしまいそうです。

その後別のノートにメモを記載しようとして持ち歩いていたとしても、このメモページは常に一年中スケジュール部分と一体になっていますので、タイムリーではない話題とともに年末まで過ごさなくてはいけないことになります。

なので、本当に一年間ずっとともに過ごすべき記載をするだけの適量にメモページを削減してはどうでしょうか?

■改善提案3:利用シーンを想定した個別仕様の追加
小室さんのおっしゃる通り、ワーク・ライフバランスは女性だけの概念ではなく、男性であっても同様に向き合わなければならない大きな課題です。しかし男性と女性のワーク・ライフバランスは、その目的は同一であったとしても、手段が異なる部分が少なくない。

男性向け・女性向けのそれぞれのニーズを深耕していくと、巻末の資料なども共通ではむしろ物足りないのではないかと思います。

また、男性向け・女性向けをセットにし、夫婦や人生のパートナーとともに使うような「ワーク・ライフバランス手帳:パートナーセット」とか。ただ二冊をセットにするだけではなく、このセットオリジナルの「夫婦で実現するワーク・ライフバランス」というようなコンテンツを入れてもよいですね。

そして子供が大きくなってくれば、そこに子供版の手帳もラインナップに追加し、「ワーク・ライフバランス手帳:ファミリーセット」なんていうアイデアも出ます。なんだかうまいネーミングがあるともっとピンとくる感じですが・・・

結局は一人で推進するものではないワーク・ライフバランスですから、こういった利用シーンの想定をもっと幅を広げると、商品展開が見えてくるのではないかと思います。

まあ、そうは言っても男女差だけではなく個人差も大きいのが本質でしょうから、なかなかその状態で最大公約数、最小公倍数を狙うのは難しい作業ですね。ただ、そういったコンテンツこそWebで追加提供することが有効なのではないかと思います。

■まとめ
上記をまとめると、「手帳はよりシンプルにした方がよい」というのが自分の考えの中心にあることがわかります。また、1年間常に持ち歩くものとしての構成を考える必要があると思います。

そもそも手帳はスケジュールだけを管理すればよかった筈。そんなスケジュール手帳には、どのような付加価値が必要なのでしょうか。その付加価値にどうフィットするのかが、手帳選択のポイントでしょう。

個人的には、スケジュール手帳にはやはりスケジュールだけをシンプルに管理したかったのだということを、今回改善提案をまとめるにあたって知ることになりました。

また、手帳をシンプルにした上で、付加機能は別売りで提供するというビジネスモデルもあるのではとも思いました。

■最後に
冒頭でも述べている通り、WLB手帳は小室さんの思いがぎっしり詰まった素晴らしい内容だと思います。週予定バーティカルページの右下隅には、小室さんからのメッセージが記載されています。毎週毎週違ったメッセージで、しかも時期に応じた内容になっている。これはきめ細やかな心遣いだと思います。

40D_2010_01_20_8675 個人的に気に入っているのはこの写真のメッセージ。ついつい休日の時間を何とはなしに過ごしてしまうので、改めて午前中を意識してこの週末を送ってみたいと思います。

| | コメント (0)

伊丹敬之先生『イノベーションを興す』刊行記念講演会(2010/1/18)@丸善丸の内本店

20100118192150 今年初めての丸善講演会に参加しました。これまでとは一風変わった内容です。経営学者の伊丹敬之先生の講演です。

新刊のタイトルは「イノベーションを興す」。昨年Microsoft Asia High Tech Summitに参加して以来、個人的に大きなキーワードであるイノベーション。著作の内容は全く知らないまま、そして伊丹先生のことをよく存じ上げないまま、このイノベーションというキーワードだけでピンときたので、即座に丸善へ申し込みの予約電話を入れました。

正直、書籍を購入した時は戸惑いました。少し技術よりではなかったかと。ただ、その思いも吹き飛ぶような著作のメッセージが伝わってきました。特にイノベーター企業としてホンダとソニーが取り扱われていたこと。個人的にこの両企業の大ファンであり、そういう側面からも共感できる内容でした。

ただ、どうしても自社の現状との比較に心が動き、足りないところを思い知る一方でやるせない気持ちにもなるという複雑な心境で拝聴しました。

■何故この本を書いたか
企業のイノベーションが廃れていくということは、日本の将来の食いぶちが無くなるということを危機感として掲げた上で、「日本の企業は高い技術を持ちながらも、社会への出し方がマズイ。マーケットに出して、社会を動かそうという時のやり方が悪い」という指摘からスタートしました。

一般的なメーカー企業における理科系出身者は、入社時は新入社員全体の7割程度の数がいるが、役員における理科系出身者は3割程度しかいない。この文理比率の逆転がなぜ起きるのか理科系出身者は経営についてしっかりと学べていないのではないかというニュアンスとして僕は理解しました。

ここには少し違う考えを自分としては持っています。これは僕の同期が話していたことですが、「会社においてタイトルがつき管理職になることこそが出世なのだという考え方しか存在しないことがマズイ」という考えです。誰もが経営に携わればよいという訳ではない。理科系出身者は技術のプロフェッショナルになることを望んでいる人の相対比率が高いという言い方だってできると思っています。

■イノベーションとは何か
イノベーションを単なる技術革新という言葉で片付けるのは中途半端であり、先生はむしろイノベーションを人間の生活を変える、人間社会の力学そのものと表現していました。人間社会の力学だからこそ、なおさら自然科学だけの知識では不十分であり、ときに心理学や社会科学の知識も重要だという考え方でした。

確かにそうですね。私自身携わった新製品に対しては思い入れを深く持っています。これには個人差があるでしょうけれど、技術には情や念が移りやすいのだと思うのです。

かのシュンペーターはイノベーションを「創造的破壊(Creative Destruction)と表現しています。これに対して伊丹先生は、確かに破壊のプロセスは重要だが、最終的には創造に至らなくてはいけない、つまりは破壊的創造こそが重要だというお話でした。小沢一郎や小泉純一郎といった壊す人に長く人はついていけない。そうではなく、創る人には長くついていける、と。

■人々のドミノ効果で社会を動かす
人間社会においてドミノ効果を引き起こすに至るイノベーション。人々に感動を与え、その感動が他人へと伝染していく。このドミノ効果のドライバーとなるのが、コンセプト・ビジネスモデル・デザイン・ディスカバリーであり、その中でも最も大切なのがコンセプトだというお話でした。

■執筆のスタンス
印象に残った言葉として、性弱説があります。伊丹先生は性悪説はとらないそうです。かといって性善説でもない。むしろ「人は性善なれども弱い」存在、つまり性弱説なんだそうです。これは心に響く言葉でした。

■質疑応答
最後に自分からも質問を投げかけました。技術に生きる製造業にあって、我々のような事務系の人材に対してのメッセージを求めたのです。

これに対して伊丹先生は、「とにかく四の五の言わずにやれ」という強いメッセージでした。これには僕より前に質問した方への回答からの延長であり、その前後をくみ取らないと正確なニュアンスにならないと思いますが、とにかく思った通りにやってみろ、ということなのだと思いました。

しかし浅はかな質問でした。メッセージがほしいというのはあまりにも漠然としていたなと。この質問力の弱さは、やはり対象書籍をよく読み切れなかったことの不安の裏返しなのだと思いました。準備が足りませんでしたね。

ちなみに暗に弊社を特定したところ、「ああその会社は大変だ」とおっしゃっていました・・・

ちなみに、今回の講演会は昨年のワークライフバランス勉強会で知り合いになった岐阜在住の賢明なる読書家さんと共に参加しました。 3月までしばらく東京に滞在なさるということで、また機会をみてご一緒したいと思います。

| | コメント (0)

Windows7 移行完了

自宅の2台のVAIOのWindows7移行については先日触れましたが、僕のメインマシンである自作機についてもアップグレードを完了しました。12月初め頃の話ですがすっかり忘れていました。

■自作機
Vista Home Premium 32bit → 7 Professional 64bit

クリーンインストールだったので、あっさり完了。ちょっと面倒かなと思っていたドライバも追加でマザーボードドライバをいくつか入れたくらいで、Windows Updateでほとんど自動的に当たりました。アプリケーションの互換性も問題ありません。

個人的にはこのインストールで初めて64bit機を手にしました。ハードウェアのスペックもありますが、すごく快適です。やはりWindows7は64bitで真価を発揮するのだと思いました。まだまだひと月くらいしか触っていませんが、その実感があります。

 

■Windows XP Mode
メインマシンをProfessionalにした理由は、Windows XP Modeを使いたかったからに他なりません。

もっとも利用したかったのが、Adobe Creative Suite(CS1.0)のインストール。Adobe社はこのバージョンの対応をXPまでとしていたので、Vistaにもインストールせず温存していました。

まあ、もちろんXPとの互換性を保ったまま7にインストールすることもできたのですが、Windows 7の目玉機能でもあるし、しっかりと使いこなしたいという思いでXP Modeを利用できる日を心待ちにしていました。

まあ、仮想環境に入れたのは「そのうちPhotoshopのCS5あたりが出たらインストールしたい」という思いもあって、綺麗な状態をホスト側に保っておきたかったということも理由の一つです。

CPUがIntel VTに対応していることはわかっていたので、BIOSからEnableに変更しました。しかし、再起動後にXP Modeをインストールしようとしても、まだ「有効になっていない」と拒絶されてしまいました。再起動してBIOSをもう一度見てみると、設定自体は正しく保存されていたので???という状態に。少し時間を空けてもう一度再起動してようやく通過。何だったのでしょう、このタイムラグは。

ということでXP Modeも使えるようになって、Adobe Creative Suiteをインストール。問題なく成功しました。Win7のデスクトップ上にXPのLuna UIでそのまま表示されるのは面白い状態です。

インストール後に本格的に利用したシーンは年賀状でした。Photoshopという重めのアプリケーションでありながらも、XP Modeの動作は軽快そのもの。やはり64bit機ならではのメモリ配分のうまさでしょうか。

この他XP ModeにはLhaplusをインストール。Vistaにインストールしたらいつの日か起動のたびにUACが動くようになってしまい、Win7環境には入れたくないなと思っていたので、こちらも仮想環境にインストールしました。

 

ということでこの作業で一連のWindows7移行作業が完了しました。自宅にVista機が無くなったので、会社で使用しているVistaに早くも違和感を感じる毎日です。こちらもできる限り早いタイミングでアップグレードしてしまいたいんですが。

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます

2010年の新年を迎えました。あけましておめでとうございます。
今年もこのブログで色々なアウトプットを綴っていきたいと思います。

21世紀になって早10年目。この「にせんじゅう」という響きにはまだまだ新鮮な感覚があります。キーボードでタイプする時も、今までは「2」のあとに「00」と0を2回連打していましたが、「2」→「0」→「1」→「0」と結構なストロークになるのが、昨日の仕事始めで感じた驚きでした。あなどるなかれ、この差は結構大きいです。

組織的には大きな変動のあったこの新年ですが、何より長年信頼している同期が異動加入したことが嬉しいです。色々と共に仕掛けていければよいなと思っているところです。

いい加減いい年になってきましたので、やはり今年は今後の人生を見据えて色々と積極的に活動していきたいと思います。昨年から引き続き、外部にも積極的に出ていく予定です。

このほかにも、先月Excel 2007で取得したMCAS。これをWord 2007、PowerPoint 2007、Outlook 2007で立て続けに取得し、Office 2007 Masterまで取得したいですね。

そしてレイソルが一年でJ1に復帰できるか。試合や練習にまた子供たちと足を運びたいと思います。

という訳で、充実した一年が送れるよう、フルスロットルで走り抜けたいと思います。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »