« Tech Days 2010(2010/2/23)@ホテルグランパシフィック LE DAIBA | トップページ | 改良されてさらに使いやすくなったフリクションボール »

なぜNHKはオリンピックをBSハイビジョンで放送しないのか

バンクーバーオリンピックも残り日数が少なくなってきました。オリンピックは冬の方が好きなので、毎日展開がとても楽しみです。

canada 個人的にもっとも楽しみにしているのが男子アイスホッケー。アイスホッケーファンになったのは、ボストンにホームステイした時に滞在した家庭に、アイスホッケーを大学でプレイしている息子さんがいたことと、そしてホストマザー(母子家庭だった)の一言がきっかけでした。僕自身野球をやっていたので「レッドソックスが見たい」と言うと、「野球なんてつまらないからやめなさい。アイスホッケーを見なさい。」とホストマザーのKathyに言われたことをまだ覚えています。

以来、NHLの大ファンになって帰国。インターネットでもNHLの進捗をこまめに確認していました。日本時間の今日から準々決勝が始まりました。さっそく開催国カナダVSロシアの好カードという展開です。両国ともスター軍団ですから、観る方としてはとても楽しみです。

しかし今日の準々決勝、個人的には観るモチベーションが全く上がらず、結局録画するに至りませんでした
それは何故か?ここに、今回の記事の主題があります。

今回のオリンピックで非常に不満な点は、NHKがBS1でSD画質で放送していること。なぜこのハイビジョンの時代になってまで、SD画質のまま放送しているのでしょうか。この点については全く納得できません。

NHKもちろん地上波デジタルではハイビジョン放送しているのですが、日本選手の出ている競技だけです。アイスホッケーはこの屈指の好カードにもかかわらず、地上波での放送対象になっていません。

日本の公共放送なのだから、日本選手が中心の放送になることは理解できます。しかし4年に一度のまたとないコンテンツです。アスリートたちの全力の勝負が、さまざまなドラマが繰り広げられる舞台です。そのオリンピックをハイビジョンで放送しないということは、選手たちに対して失礼であるとさえ思います。

NHKの改革においても、BShiが廃止されてBS1・BS2に集約することが決まっています。ハイビジョン放送ってそんなに優先順位が低いのでしょうか。地デジの流れにいち早く乗り、普及に一役も二役も買っている視聴者に対しても非常に失礼だと思う訳です。

そもそもBS1・BS2を早くハイビジョン化しないと、NHK離れが進んでしまうのではないかと思います。ハイビジョン化を躊躇しているうちに、視聴者はスカパーHDなどに流れてしまうこともあるでしょう。それでも良いの?と聞きたい。

しっかりとNHKに対して受信料を払っている身としては、ここは大いに不満を表明します。

|

« Tech Days 2010(2010/2/23)@ホテルグランパシフィック LE DAIBA | トップページ | 改良されてさらに使いやすくなったフリクションボール »

日々の気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tech Days 2010(2010/2/23)@ホテルグランパシフィック LE DAIBA | トップページ | 改良されてさらに使いやすくなったフリクションボール »