« 考察:子供にとってのファシリテーション | トップページ | SQL Server 2008 R2仕様MTB »

当て逃げの被害に遭った

40D_2010_02_12_8811 愛車が当て逃げの被害に遭いました。フロントバンパーの正面向かって左側。明らかに車庫入れの際に当てられた感じです。赤・もしくは茶系統の塗装が付着しています。こちらの塗装が剥げてしまっているところも見えます。

ディーラー側の見積もりでも、パール塗装が剥げているところもあるので、しっかりと修理しようとすると4~5万円程度かかるとのこと。信頼できる工場長さんのコメントなので間違いないのでしょう。

ディーラーで確認してもらったところ、結構な衝撃でぶつかったはずだという痕跡らしく、本人は気づかなかったはずがありません。車を運転している以上起きることだし、当てられてしまうのは仕方がないことだとしても、これを黙っていられることがとても残念でなりません。確かに逃げ果せてしまえば何事もなかったかのようですが、被害はそのまま残りますから。しかもこちらの負担だし。

ボディへの傷ではなかったのが不幸中の幸いでした。そもそもバンパーなのである意味BUMPすることは想定範囲とも言えるし(悔しいけれど)。汚れを落として、タッチペイントで補修して、しばらくはそのままでいようと思います。今週末に処置します。

|

« 考察:子供にとってのファシリテーション | トップページ | SQL Server 2008 R2仕様MTB »

日々の気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 考察:子供にとってのファシリテーション | トップページ | SQL Server 2008 R2仕様MTB »