« SONYがWindows7アップグレード対応モデルを追加:VAIO Z初期モデルも対象に | トップページ | 会議ファシリテーション研修(2010/2/9~2/10) »

Reading-Lab初参加(2010/02/08早朝)@STARBUCKS銀座マロニエ通り店

20100208073641 規模の大きな読書会として有名なReading-Labに登録し、先週の月曜日に初めて参加してきました。

初めて参加しようと登録していたのが2月2日でしたが、この日は関東に雪が降った朝。悪路に加えて電車も遅れていたので、約束の時間に間に合わずに残念ながらキャンセルしていました。ということで8日が初参加です。

場所はSTARBUCKSの銀座マロニエ通り店。家族で銀座に行く際に、よく利用するお店なので、場所は全く問題なし。しかし早朝に歩きなれた有楽町・銀座を歩くというのは本当に新鮮ないい気持でした。不思議でさえあった感じ。

6:50頃に開店直前のお店で合流、そして2回のテーブル席へ移動。それぞれ思い思いのドリンク・ミールを注文し、7:00少し過ぎにスタート。

しかし始業に間に合うためには7:35頃には出発したいので、30分程度しか参加できず。ファシリテーターに優先的に順番を早めてもらいました。

Reading-Labは自己紹介・本の紹介・ディスカッションを1タームとしてこれで10分。これを5人程度のグループで一人ずつ順々に行っていくスタイルです。

■こちらから紹介した本
僕が紹介したのは田坂広志さんの企画力。文庫本です。

以前セミナーの対象書籍を購入しに丸の内の丸善に赴き、帰ろうとして1階のレジ前を通り過ぎようとしたときに目に飛び込んできた「企画力」の3文字。企画を生業としている自分にとっては、またとない直接的なメッセージをしてとびこんできた書籍であり、文庫ということもあってその場で購入しました・・・という購入時のエピソードも交えながら紹介をはじめました。

企画は採用されて初めて企画と呼ばれる。
企画力とは「人と組織を動かす力」である。

タイトルで相手の心を掴み、ビジョン・目的・戦略・戦術・行動計画へと落とし込む。
自問自答形式で聞き手の思考の流れを導いていく。

思わず次のページをめくりたくなるような推理小説のようなストーリー。
しかし、次のページをめくらせないようにするプレゼンテーションのテクニック。

この企画が世の中に求められていると信じる「信念」と、
なにがなんでも企画を実現したいと思う「情熱」。

このようなポイントに絞ってみなさんに紹介しました。

特に信念と情熱に関しては日頃の自分の思いと合致したので、とても賛同できる内容の本です。また、個人的にはこの本を読んでから、企画書のストーリー作りに変化があったと思っています。

今進行中の企画書を仕上げるにあたっても、参考にしています。実践して実践して場数を踏む、これしかないですね。

■他の参加者の方からご紹介いただいた書籍
僕の前、次のターンの方のプレゼンテーションにおいて紹介いただいた書籍は下記の通りです。

(1)ワーク・ライフアンバランスの仕事力
本田直之さんの奥様でもある田島弓子さんの書籍です。
著名な本ですね。僕自身まだ読んだことがありませんが・・・

小室さんの著作や考え方に賛同している身としては、「ワーク・ライフバランスとワーク・ライフアンバランスのどちらがしっくりきますか?」と質問してみました。紹介いただいた方の回答は「アンバランスの方がしっくりくる」とのこと。

やはり、ワークとライフはバランスをとるものではなく、調和・ハーモニーということなんだと思います。小室さんご自身もハーモニーという表現をお使いになっていますしね。バランスを欠いた状態になっていることもある程度は想定の上で、どう個人の中で調和させていくのか、ということではないでしょうか。

(2)坐る力・姿勢のふしぎ
呼吸や姿勢を正すことによる効果を述べた二冊です。前者は齋藤孝さんの著作。

腹式呼吸で満腹中枢を刺激することができるというのは初耳でした。実は僕自身小児喘息を患っていたので、腹式呼吸の訓練を受けたことがあります。なので自分の呼吸は自然と腹式呼吸になっています。

姿勢を正すことで内臓も正しい位置に戻りますから、体には良いことずくめなのは自明ですね。でも背筋を正すことを意識し始めてから、確かに体重やウエストが減ったので、これは僕自身もとても効果がある素晴らしい習慣だと思います。

面白かったのは調身・調息・調心というキーワード。禅の言葉だそうですが今回初めて知りました。帰ってからWikipediaでようやく意味が分かりましたが、姿勢、呼吸、心を整えることなんですね。良いキーワードを知りました。

■所感
ということで、出勤先のロケーションと始業の速さから、30分ちょっとしか参加できず。いまひとつ消化不良に終わりました。もう少し話をしたかったですね。この先がディスカッションとしては面白そうなのに・・・というところで終わった感じです。

Reading-Labは初めてでしたけれど、しっかりと運営されている印象を持ちました。読書会や勉強会は運営が肝だと思いますので、この点は素晴らしいですね。

また折を見て参加したいと思います。

|

« SONYがWindows7アップグレード対応モデルを追加:VAIO Z初期モデルも対象に | トップページ | 会議ファシリテーション研修(2010/2/9~2/10) »

勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONYがWindows7アップグレード対応モデルを追加:VAIO Z初期モデルも対象に | トップページ | 会議ファシリテーション研修(2010/2/9~2/10) »