« アイデンティティを表現するための手段としてのクリップ:デザインフィル D-Clipsイルカ | トップページ | Xperia機種変更事前手続き完了 »

フリクションボール vs ユニボールファントム:あっさりと出た勝負の結果は?

消せるボールペン市場に、三菱鉛筆から新製品が投入されました。その名もユニボール ファントム。フリクションボールのユーザーとして非常に気になる製品ですので、さっそく使い比べてみました。

子供の頃から筆記具は三菱鉛筆製。uni starの大ファンでしたし、シャープペンシルになってもuniの替え芯を使っていたくらい、uniブランドには確固たる信頼性があります。さあ、どのような結果になるでしょうか。

■ファントムの商品概要
fanthom フリクションを大いに意識して作られたファントムの商品コンセプトは、下記の4点。

1. 書いた文字の色が消せて、書きかえも自由
2. 消しくずが出ない
3. キャップで消せる
4. 上質なデザイン

1.と2.はフリクションと全く同じです。また、4.のデザインも、フリクションボール初期モデルのあか抜けないデザインを意識したものであると捉えています。

最大の違いは3.のキャップで消せること
プレスリリースでは以下の説明が記載されています。

・キャップを軸の後ろに挿したまま消すことが出来ますので、片手で消去と書きかえが出来ます。
・キャップの先端でこすると細かい部分の色を消すことが出来ます。
・キャップの側面でこすると広い範囲の色を消すことが出来ます。

40D_2010_03_22_9293 フリクションはペン後端にラバーがついているので、消すときはキャップを後端から外さなくてはいけない。その点で片手で消去できるというのは差別化のポイントになります。キャップ全体が消去用ラバーになっているので、点で消したり、面で消したりできるというのも興味深いですね。

それでは早速比較してみたいと思います。

■外観比較
まずは外観比較。ファントムはフリクションに比較して1cm程度短め

40D_2010_03_22_9295

ただこれはキャップを閉めているときの状態比較で、実はキャップを後端につけると、ほぼ同じ長さになるというこの絶妙なサイズ

40D_2010_03_22_9296

これはかなりフリクションボールを意識したサイズせっていなのではないでしょうか。ちなみによくわかるような写真を撮り忘れましたが、ペン軸の太さはフリクションの方が太目。個人的にはこの太いペン軸の方が書きやすいです。まあ、この点は好みですけれどね。

■「書いて消す」性能比較
40D_2010_03_22_9297いよいよ核心ともいえるこの基本性能比較。まずはそれぞのインクでそれぞれの製品名称を記載してみることに。写真ではわかりにくいけれど、ファントムの黒はやや赤がかっていて、フリクションの黒はやや青め。インクもフリクションの方が好みに合う感じ。

さて、それでは両者をそれぞれのラバーでまずは軽く左右に一往復してみます。

40D_2010_03_22_9299

正直な感想として、ファントムはとても消えづらいしかも消すのに力が要るという・・・この時点で個人的にはフリクションの圧勝でした。

そしてファントムには致命的な欠点がでました。そう、旧フリクションラバーのようなラバーカスが紙に付着するのです。買ったばかり初回使用でこれですから、何ともまずいポイントです。

   40D_2010_03_22_9300

■まとめ
40D_2010_03_22_9301この事象が出たので、フリクションに持ち替えてユニボールの筆跡を消してみました。力を入れず、きれいに消える。上述の通り、フリクションの圧勝です。

やはり先行するフリクションの方が、インクだけではない、ラバーの研究が進んでいるという実感を持ちました。一日の長がありますね。

ただ、フリクションもモデル追加やモデルチェンジの進化を経て今の境地に至っている訳で、ファントムの今後に期待したいところです。

|

« アイデンティティを表現するための手段としてのクリップ:デザインフィル D-Clipsイルカ | トップページ | Xperia機種変更事前手続き完了 »

文房具」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。
とっても参考になりました。
フリクション、買って見ます。

投稿: m | 2011年11月24日 (木) 07時39分

>mさん

コメント頂きありがとうございます。
個人的にはホント、フリクションの圧勝です。
是非、使ってみて下さいませ。

投稿: viento_sur | 2011年11月24日 (木) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイデンティティを表現するための手段としてのクリップ:デザインフィル D-Clipsイルカ | トップページ | Xperia機種変更事前手続き完了 »