« アカウント画像に秘めたBostonへの想い | トップページ | 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編発刊記念セミナー(2010/7/4)@大井町きゅりあん »

ついにJETSTREAM試験使用開始

フリクション派の私が、これまでずっと気になっていたJETSTREAMの使用に乗り出しました。ひとまずは使ってみて、自分に合うかどうかを見極めていきたいと思います。

■強い筆圧との相性の悪さ
各方面でとても評判の良いJETSTREAMをこれまでなぜ使ってこれなかったかというと、自分の筆圧の高さとの相性の悪さにその原因があります。

JETSTREAMの0.7mm、1.0mmモデルはその点ヌルッと紙の表面を滑っていくので(この点こそメリットなのですが)、書き味が非常に悪い。そうではなく、ペン先が紙に食いつきながらザクザクっとしてくれないと個人的には書き味が悪いのです。

その点もっともフィットしたのがフリクションボールであり、ほとんどすべての筆記はフリクションで行うようになりました。

■フリクションの弱点
そんな感じで愛用しているフリクションシリーズ。デザインもラバーも刷新されて非常に使い勝手がさらに向上していたり、後発のユニボールファントムに対しても優位性を保持しています。

しかし、唯一の弱点は多色モデルがないこと。色を使い分けるときにはペンを持ち替えなければいけません。またその点複数色のペンを持ち運ぶので、かさばるのです。

消すためのラバーの位置が後端にあるので、なかなか多色化が難しいのかもしれませんが、でもこの需要は絶対にある。もしかしたらファントムに多色モデルを先行されると、フリクションもシェアを奪われるのではないか?と思うくらいです。

ということで、JETSTREAMの黒・赤・青・緑・シャープのモデルがずっと気になっていました。しかし、気になっていても書き味が合わずに使えない、というジレンマ。

■0.5mmモデルの登場
JETSTREAMが個人的にはフィットしないという現状をTwitterで#bunguタグをつけてTweetしたところ、「0.5mmはザクザク書けますよ」というTweetをすぐに返して頂きました。

成程。0.5mmモデルがラインナップに追加されたことは知っていましたが、書き味が異なっていることは知りませんでした。

ということで流山のLOFTで0.5mmモデルを早速試書き。教えて頂いた通り、書き味がちがう!ザクザク書けるのが心地よい!それでいてJETSTREAMらしさの滑らかさが若干加味された感じ!

これはいけそうです。

■ひとまずリフィルで0.5mmモデルへ換装
とはいえ気になっている4色+シャープモデルは\1000するので、買うにはそれなりに覚悟が必要です。まあそれほど深刻な価格ではないものの、うまくいかなかったときのリスクを考えるとちょっと踏み切れません。

40D_2010_05_30_9974 実は0.7mmの4色+シャープモデルは持っていたのです。昨年のMicrosoft Asia High Tech Summitに参加したときのノベルティとして頂いていたのでした。しかも二本。もしかしたらこれに0.5mmリフィルを入れることができるかも?という思いに至りました。

40D_2010_05_30_9975 そこで先週末に柏の東急ハンズに行き、リフィルを発見。しかし0.5mmリフィルの対応モデルには0.7mmのペン軸の型番しか掲載されていません。形状からみておそらくいけそうな気がしたものの、再度Twitterで投稿。すると、「使えますよ!SXR-80のリフィルは05も07も同じ軸です」と返答を頂きました。

ということで安心して0.5mmのリフィルを4色分購入して帰宅しました。

■換装作業

と謳うほど何も難しい話ではないのですが(笑)。一つ一つ外して換装。二本あるうちの一本はひとまず0.7mmのままにしておこうと思うので、外したものはそのリフィルとして使う為、キャップを付けて保管しています。

40D_2010_05_30_9976 

ということであっという間に換装作業完了。

■肝心の書き味は?
早速試書き。やはり0.7mmと0.5mmは書き味がかなり違います。たった0.2mmの違いが、ここまでの違いに感じるとは!

40D_2010_05_30_9982

ということでしばらく試験使用してみようと思います。修正することの多い手帳はフリクションボール、母艦ノートはこのJETSTREAMで試験的に筆記を開始します。

さあ、使い続けることができるか否か・・・?

|

« アカウント画像に秘めたBostonへの想い | トップページ | 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編発刊記念セミナー(2010/7/4)@大井町きゅりあん »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカウント画像に秘めたBostonへの想い | トップページ | 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編発刊記念セミナー(2010/7/4)@大井町きゅりあん »