« コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):②マスクケース<防災の達人> | トップページ | 【考察】携帯電話の普及で割を食った日本語IME »

コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):③ランドセル<あんふぁん×Martyモデル>

新製品フェアで、「小学校に上がるお子さんがいらっしゃる方?」と問いかけられ、来年娘が入学する身として手を挙げると、ランドセルが展示されている別室へ案内頂きました。

紹介されたのは、Martyとコラボレーションしたコクヨ×あんふぁんランドセルの2011年版。7月8日にプレスリリースがあったばかりの新商品です(参考:プレスリリース)。

marty数量限定のレザーライフコンシェルジュセレクションも。「レザーライフコンシェルジュ」が特別に作ったという限定モデル。女の子が喜ぶ色使いに加え、Martyの店舗では1500種類ものレザ―パーツを選択してカスタマイズが可能でした。

このほか上質な牛側が使用されていて、高級感のある仕上がりです。

■コクヨ×あんふぁんランドセル基本機能の高さ
Martyモデルのみならず、ベースとなるコクヨ×あんふぁんランドセルの基本性能はやはり高いですね。

特に良いなと思ったのは仕切りプレート。確かに仕切りがついていると中の教科書やノートが暴れないので、歩行時の負担がかからないわけですね。これは面白い。

そして個人的には一番のポイントだと思うカラビナ。ランドセルの側面についているフックはとても固くて、子供の力では開閉に苦労するどころか指を挟むことさえあります。この部分にカラビナを採用した、というものです。このアイデアは意外とほかのランドセルにはないのでは?と思っています。

また、A4サイズのファイルが収納できる幅の広さが特徴の3Lスーパーワイドサイズ。確かに息子のランドセルを見ていると、連絡袋とかファイルといったようなA4相当の横幅のあるものは、曲がって収納されています。これがスッと入ると確かによいでしょうね。

実はこの別室に入ったのは私のほかにもうおひとり男性がいらっしゃいましたが、何とこの方は小学校の先生で、色々と興味深いお話を伺うことができました。

特に「これからは小学校でもA4教材が増えていく傾向にある」というのは興味深く、「もっと幅が広くなる良い」というお話をしていたのが印象的でした。まだ息子の教材にはA4のものがありませんが、今後注目したいと思います。

■要望
性能は高いのですが、更に求めたいとすれば下記のポイントです。

まず、交通安全用のカバーをしっかりと留める部分がほしいという点。小学校入学時に、各自治体から黄色い交通安全のカバーが配布されると思います。息子も昨年頂いたカバーを装着していましたが、ランドセル側にしっかりと留めるパーツがないので、よれてしまったり破れてしまうのです。

そして、フラップ部分の裏に収納する時間割表。時間割表は一枚しか付属していませんが、これでは一年で使用できなくなってしまいます。6年分として6枚付属いただくか、またはWebでダウンロードできるようになっていたらよいですね。

ここで上述の先生、「このフラップ部分裏の時間割スペースに「定型紙が入るといいのに」とお話していました。確かにそうですね。非定型紙だから扱いづらいのだと気づきました。確かにあまり深くなってもユーザビリティを下げるでしょうから、せめてB5、または思い切ってA5という手もあるかなと思います。

■所感
確かに良い製品で、Martyモデルは特に娘にはカスタマイズして買ってやりたいと正直思いました。女の子向けのランドセルとしての完成度は非常に高いと素直に思います。

そう、Martyモデルは純粋に女の子向けのモデルなんです。そういうことなのです。

しかし、やはりとても気になったのが男の子向けの選択の幅の狭さです。

私の場合、来年小学校に上がるのは娘なので、今回の女の子中心のラインナップはありがたかったのは間違いありません。しかし、おととし息子のものを選択したタイミングでもそう思ったのですが、現状のランドセル市場はやはり男の子にとっては選択の幅が狭すぎます

そもそも母親だけしかリサーチ対象にしていない点が残念ではあります。確かに子供たちとより長い時間接しているのは母親であるのは一般的にいって間違いではないでしょうし、幼稚園のコミュニティも母親中心に成り立っているのは事実です。

しかし、私のように育児に積極的に絡みたいという父親もいるし、また共働きの家庭も増えている状況で、子供と接する時間の差が母親・父親の間で少なくなりつつあるというのに。もっと父親・そして男の子へのリサーチがほしいんです。

例えば、あくまでも私の感覚ですが、設定されたカラーリングが男の子が本当に喜ぶ色じゃないと思います。 color

アキレスの瞬足のカラーリングを見ればわかるように、男の子だって黒と赤を組み合わせたり、細部にシルバーでアクセントを入れたりしたい。

40D_2009_09_17_6101[1]モータースポーツ好きの息子ならきっと、黒を選択してステッチを赤にしたいというはずです。それに男の子がカッコよく使える赤もありだと思います。

もちろんメーカーとしてすべての要求にこたえる必要はないでしょう。女の子向けに特化するならいっそその方が良くて、男の子向けのラインナップをすべてやめてしまえばよいとも思います。もし本気で男の子向け商品を取り扱うなら、女の子と同じだけの色数やカスタマイズの幅を揃えるべきだと思うのです。

ランドセルは幼稚園時点の嗜好で選択したものを、その後卒業まで使い続けることになる製品です。そのため、それほど突飛なデザインにしにくいという難しさを持っているのではないかと思います。

男の子は、小さいころから色々なポイントポイントで選択の狭さを我慢して大きくなるんですよね。これは常々本当にもどかしく感じるところです。

|

« コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):②マスクケース<防災の達人> | トップページ | 【考察】携帯電話の普及で割を食った日本語IME »

文房具」カテゴリの記事

見学記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):②マスクケース<防災の達人> | トップページ | 【考察】携帯電話の普及で割を食った日本語IME »