« XPERIA Android2.1アップグレード実施 | トップページ | コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):④スポーツダイアリー »

CEATEC2010:①Andoroid端末そろい踏み(2/3)au IS03

続いてはauのIS03。au待望のスマートフォンですね。とにかくauのブースはこれで持ちきり。まるでIS03しか展示していないかのような状態でした。

IMG_0645

また、一方のSHARPでも大きなスペースを割いていました。SHARPは別記事にて後述するGALAPAGOSの展示も合わせて、本当にAndroidに力を入れているなという印象を受けましたね。

そのSHARPのブースで実機を触ることができました。

IMG_0544IMG_0539

■Xperiaとの外観比較
ちょうど白い端末を触れたこともあったので、自分のXperiaとの比較をしてみました。白といっても前面パネルは黒いのがIS03。外観はiPhone 3Gのよう、といった感じでしょうか。

IMG_0540 IMG_0543

IMG_0541

■日本の携帯電話の良さとスマートフォンの融合
Felicaやワンセグといった日本の携電話の良さをスマートフォンに融合させたIS03と、auの戦略は素晴らしいと思います。やはり日本には日本のスマートフォンがあっても良い。この製品が持つ意味は大きいですね。

個人的にはすでに4月1日のXperia購入から半年たっていますので、Felicaが無い状態に慣れています。ただ、やはり一体化できれば良いのに、思わなくもありません。

ガラパゴスケータイ揶揄されがちですが、日本人のニーズをとらえて成長してきた、正常進化なのだと思います。ここまで日本人は携帯電話にこのガラパゴスという表現は誇りでさえある。日本のスマートフォンがどのように進化していくのか、今後に注目です。

プレスデーですいていたものの、帰るときにはIS03の周りは結構な人だかりが。注目の高さを表していますね。

IMG_0664

|

« XPERIA Android2.1アップグレード実施 | トップページ | コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):④スポーツダイアリー »

見学記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XPERIA Android2.1アップグレード実施 | トップページ | コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):④スポーツダイアリー »