« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):④スポーツダイアリー

IMG_97687月の訪問からかなり時間があいてしまいました。既に時機を逸しており、機会を頂いたコクヨS&Tの事務局の方に申し訳ない限りです・・・急ピッチで記事をエントリーしていきたいと思います。

今回はスポーツダイアリー(公式サイト)です。

alt

■「まずは3ヶ月続ける」という気持ちを応援するダイアリー
この商品のコンセプトは、「運動の習慣化をサポートするノート」。ダイアリーといっても3ヶ月(90日)分の記録領域しかありません。これは、身近な目標を設定できる期間としての3ヶ月であり、「まずは3ヶ月続ける」という気持ちを応援する、という意味が込められています。

確かに記録をつけ始めて、まだ先の日程が延々と一年分あるダイアリーを使うよりも、ゴールの近い90日分で取り組んでいた方が、滅入らず頑張れそうな気がします。90日続けられたことは、しっかりと習慣として身に付くでしょうし。

■MIZUNO編集協力によるHow to スポーツ
運動の目安や運動のコツなど、運動を始めるのに役立つガイドが8ページにわたって収録されています。ウォーキングやランニングの始め方として、姿勢や留意点が丁寧に解説されています。

ウォーキングやランニングはがむしゃらにやれば良いという訳ではなく、より限られた時間で効果的に走ったり、歩いたりすることが重要視されるようになっていますから、このような形で基本を解説してくれるのは嬉しいポイントですね。

■使い方のヒントも多数掲載
いざ使おうと思っても、どのようなことを書くべきか使い方のヒントがたくさん乗っています。90日という期間、いかに継続して使用するか、参考にして記録をつけていけそうです。

IMG_9777 IMG_9778

IMG_9779 IMG_9780

■3種類のラインナップ
IMG_9764ラインナップは3種類。大きく分けるとA5サイズ、ポケットサイズの二つですが、ポケットサイズにはモバイルタイプが設定されています。フェアでは、このモバイルタイプを一冊頂きました。

このモバイルタイプ、表紙がPPフィルムでコーティングされており、水や汚れに強い仕様になっています。また、中の紙も撥水紙が使われていて、手に汗をかいていても問題なさそうですし、屋外やプールサイドなどの使用にしっかりと耐えるようになっています。それに表紙がハードなので、立ったままでも書きやすい。これはよいですね。

それだけに、このモバイルタイプが一番高いんです。サイズだけ見ればA5サイズの方が高そうな印象を受けますが、選択の価値の高いモバイルタイプであると言えますね。

IMG_9769

■好き嫌いのない色、元気の出る色
モバイルタイプは上のように白に青字というカラーリングですが、A5サイズはオレンジ、そして標準のポケットサイズはグレーというカラーリングです。どうしてこの色設定なのかとても気になったので、社員の方に質問してみました。

これらの色は、男性女性問わず好き嫌いのない色だそうです。また特にオレンジはその中でも「元気が出る色」とのこと。確かにそうかもしれませんね。mixiもオレンジ基調だし、これは面白いなと思いましたね。

■さて、どう使うか
せっかく頂きましたし、このダイアリーを使わない手はありません。4ヶ月半程度立ってまだ使い始められてはいませんが、最近本田直之さんの「カラダマネジメント術!alt 」を呼んで、健康状態を維持増進することの重要性を再認識しましたし、また情熱大陸で熊川哲也さんを拝見し、やはりカラダを鍛えていくことが、自分自身や家族にとってもとても重要であることに気づかされました。

ということで、自分自身の為に使ってみようと思います。レポートはまた改めて!

| | コメント (0)

CEATEC2010:①Andoroid端末そろい踏み(2/3)au IS03

続いてはauのIS03。au待望のスマートフォンですね。とにかくauのブースはこれで持ちきり。まるでIS03しか展示していないかのような状態でした。

IMG_0645

また、一方のSHARPでも大きなスペースを割いていました。SHARPは別記事にて後述するGALAPAGOSの展示も合わせて、本当にAndroidに力を入れているなという印象を受けましたね。

そのSHARPのブースで実機を触ることができました。

IMG_0544IMG_0539

■Xperiaとの外観比較
ちょうど白い端末を触れたこともあったので、自分のXperiaとの比較をしてみました。白といっても前面パネルは黒いのがIS03。外観はiPhone 3Gのよう、といった感じでしょうか。

IMG_0540 IMG_0543

IMG_0541

■日本の携帯電話の良さとスマートフォンの融合
Felicaやワンセグといった日本の携電話の良さをスマートフォンに融合させたIS03と、auの戦略は素晴らしいと思います。やはり日本には日本のスマートフォンがあっても良い。この製品が持つ意味は大きいですね。

個人的にはすでに4月1日のXperia購入から半年たっていますので、Felicaが無い状態に慣れています。ただ、やはり一体化できれば良いのに、思わなくもありません。

ガラパゴスケータイ揶揄されがちですが、日本人のニーズをとらえて成長してきた、正常進化なのだと思います。ここまで日本人は携帯電話にこのガラパゴスという表現は誇りでさえある。日本のスマートフォンがどのように進化していくのか、今後に注目です。

プレスデーですいていたものの、帰るときにはIS03の周りは結構な人だかりが。注目の高さを表していますね。

IMG_0664

| | コメント (0)

XPERIA Android2.1アップグレード実施

IMG_14664月1日にXPERIAを購入してからどのくらいこの日を待ち望んだことでしょう。予告されていたAndroid2.1のアップデートを、アップデートプログラム公開当日に実施しました。

11月10日18時に公開されたアップデートプログラム。当日は残業をしない日ではあったものの、はやる気持ちを抑えて帰宅。バッテリーが虫の息だったこともあり、満充電してから作業を開始しました。

Sony Ericsson Update Serviceからアップデートプログラムを確認し、PCにXPERIAを接続してアップグレード開始。ダウンロードからアップグレードに至るまでスムーズに完了です。

起動後はあらかじめ確認していた通り、内蔵カメラのHD対応のためのファームウェア書き換え。カメラアイコンが表示され、よそ見をしていたら完了していました。その後docomoロゴが表示されて起動。

IMG_1467 IMG_1468

IMG_1471 IMG_1472

アップデート後はバックグラウンド処理が入るとのことで、確かに挙動が重い状態に。なのでしばらく放置していましたが、あまり状況が変わらなかったので、再度充電を行って就寝。

翌日朝になって再起動し、使用を開始しました。

■充実の使い心地に満足

IMG_1473とにかく使いやすくなりました。画面の遷移もスムーズになったし、何より挙動がとても安定しています。

そして改善されたタッチパネルの精度。文字入力時の誤入力が本当に減ったなという実感があります。

おそらく精度向上のほかにもソフトウェアキーボードが立体感を帯びたデザインへ変更されたことも効果の一端を担っていそうな気がします。確実にキーを狙えてタップできている感じです。これは素晴らしいですよ。

■待望のAdobe Reader
Android2.1になって一番嬉しいのは実はこれなのではないかというくらい、待ち望んでいたAdobe Readerのインストールを早速実施しました。

XPERIAにpre-installされているOffice SuiteがPDFの表示アプリケーションに割り当てられていますが、開けないファイルが多いこと多いこと。ほとんどのPDFがエラーになってしまうので、BloomStyleの完成版をXPERIAで見たことがなかったんですね。

Adobe ReaderはAndroid2.1以降に対応。インストールの必要性はかなり高いのでは?

■ブラウザ周りに若干の不満点
素晴らしくブラッシュアップして、まるで新製品を購入したかのような感覚になっていますが、ラウザ周りに若干の問題点があります。

バージョンアップ前にはあった「終了」ボタンが無くなってしまいました。ブラウザを完全に閉じる動作として頻繁に使っていたのですが、これはどうしてでしょう?

仕方がないので、今は「ウィンドウ」メニューから開いているウインドウを「×」で閉じていって、ブラウザのホームページが開いたら右ボタンを押して閉じています。何度見てもこうするしか手がないような・・・?

また、なぜかAmazonのスマートフォン対応ページの横幅が正しく表示されなくなってしまいました。横向きにしたときに最適化されているのだろう、と思って傾けても、実は横にしても横幅が余るという・・・どういう幅なのでしょうか?

■バッテリーの持ちが悪くなった?
あれよあれよという間にバッテリーが減るようになってしまいました。でもこれは一部誤解で、アップデート直後にディスプレイ輝度がMAXになっていたのでした。

ただ、この輝度を下げても、そう今までと変わらないかなというか、若干早くなったかなという感じです。Twitterのタイムラインを眺めていると、皆さん結構持ちが良くなったという感想のようなのですが、この差は何なのでしょう。

ということで満足の高いアップデート。OSのバージョンなど、後発のほかのスマートフォンに少し後れを取っていたXPERIAですが、これでまた追いついた感じですね。この長く使い続けられる感じがまたスマートフォンの良さであると思います。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »