« 大幅改良でまるでモレスキンのような仕上がりに:コクヨS&T SYSTEMICリングノートタイプ | トップページ | CEATEC2010:①Andoroid端末そろい踏み(2/3)au IS03 »

XPERIA Android2.1アップグレード実施

IMG_14664月1日にXPERIAを購入してからどのくらいこの日を待ち望んだことでしょう。予告されていたAndroid2.1のアップデートを、アップデートプログラム公開当日に実施しました。

11月10日18時に公開されたアップデートプログラム。当日は残業をしない日ではあったものの、はやる気持ちを抑えて帰宅。バッテリーが虫の息だったこともあり、満充電してから作業を開始しました。

Sony Ericsson Update Serviceからアップデートプログラムを確認し、PCにXPERIAを接続してアップグレード開始。ダウンロードからアップグレードに至るまでスムーズに完了です。

起動後はあらかじめ確認していた通り、内蔵カメラのHD対応のためのファームウェア書き換え。カメラアイコンが表示され、よそ見をしていたら完了していました。その後docomoロゴが表示されて起動。

IMG_1467 IMG_1468

IMG_1471 IMG_1472

アップデート後はバックグラウンド処理が入るとのことで、確かに挙動が重い状態に。なのでしばらく放置していましたが、あまり状況が変わらなかったので、再度充電を行って就寝。

翌日朝になって再起動し、使用を開始しました。

■充実の使い心地に満足

IMG_1473とにかく使いやすくなりました。画面の遷移もスムーズになったし、何より挙動がとても安定しています。

そして改善されたタッチパネルの精度。文字入力時の誤入力が本当に減ったなという実感があります。

おそらく精度向上のほかにもソフトウェアキーボードが立体感を帯びたデザインへ変更されたことも効果の一端を担っていそうな気がします。確実にキーを狙えてタップできている感じです。これは素晴らしいですよ。

■待望のAdobe Reader
Android2.1になって一番嬉しいのは実はこれなのではないかというくらい、待ち望んでいたAdobe Readerのインストールを早速実施しました。

XPERIAにpre-installされているOffice SuiteがPDFの表示アプリケーションに割り当てられていますが、開けないファイルが多いこと多いこと。ほとんどのPDFがエラーになってしまうので、BloomStyleの完成版をXPERIAで見たことがなかったんですね。

Adobe ReaderはAndroid2.1以降に対応。インストールの必要性はかなり高いのでは?

■ブラウザ周りに若干の不満点
素晴らしくブラッシュアップして、まるで新製品を購入したかのような感覚になっていますが、ラウザ周りに若干の問題点があります。

バージョンアップ前にはあった「終了」ボタンが無くなってしまいました。ブラウザを完全に閉じる動作として頻繁に使っていたのですが、これはどうしてでしょう?

仕方がないので、今は「ウィンドウ」メニューから開いているウインドウを「×」で閉じていって、ブラウザのホームページが開いたら右ボタンを押して閉じています。何度見てもこうするしか手がないような・・・?

また、なぜかAmazonのスマートフォン対応ページの横幅が正しく表示されなくなってしまいました。横向きにしたときに最適化されているのだろう、と思って傾けても、実は横にしても横幅が余るという・・・どういう幅なのでしょうか?

■バッテリーの持ちが悪くなった?
あれよあれよという間にバッテリーが減るようになってしまいました。でもこれは一部誤解で、アップデート直後にディスプレイ輝度がMAXになっていたのでした。

ただ、この輝度を下げても、そう今までと変わらないかなというか、若干早くなったかなという感じです。Twitterのタイムラインを眺めていると、皆さん結構持ちが良くなったという感想のようなのですが、この差は何なのでしょう。

ということで満足の高いアップデート。OSのバージョンなど、後発のほかのスマートフォンに少し後れを取っていたXPERIAですが、これでまた追いついた感じですね。この長く使い続けられる感じがまたスマートフォンの良さであると思います。

|

« 大幅改良でまるでモレスキンのような仕上がりに:コクヨS&T SYSTEMICリングノートタイプ | トップページ | CEATEC2010:①Andoroid端末そろい踏み(2/3)au IS03 »

Xperia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大幅改良でまるでモレスキンのような仕上がりに:コクヨS&T SYSTEMICリングノートタイプ | トップページ | CEATEC2010:①Andoroid端末そろい踏み(2/3)au IS03 »