« コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):④スポーツダイアリー | トップページ | 実録3.11①地震発生~備蓄品配給 »

2011年の手帳に決定:trystrams FREE TYPE ウィークリーバーティカル

IMG_16702011年の手帳をどうするか?これについてはBloomStyle Vol.4誌面でも悩んでいた案件です。

悩むとはいえ、私の本命は佐々木かをりさんプロデュースのアクションプランナー(参考:公式サイト)です。

手帳を付ける習慣を身につけることができた手帳ですから、自分の手帳スタイルはまさにこのアクションプランナーと共にあります。

■アクションプランナーの唯一の悩み
そんなアクションプランナーという存在がありながら、なぜ手帳の選択に迷うのか。それは、アクションプランナーをSYTEMICで使う際に若干の不満点があるからです。

それは、リフィルの表紙の剛性が弱いこと。一冊だけでカバーを付けている分には問題にならないのですが、SYSTEMICのように表紙もしくは裏表紙のどちらか一方だけをカバーに装着する場合、この弱さがネックとなります。

■2011年はtrystrams FREE TYPEを選択
上述のBloomStyle Vol.4誌面でも表現した通り、今年の手帳はアクションプランナーを含め、下記の三商品を候補に挙げていました。

  • アクションプランナー : イー・ウーマン
  • 小室淑恵のワーク・ライフバランス手帳 : ディスカバー21
  • trystrams FREE TYPE : コクヨS&T

この候補から迷いに迷ったあげく、今年はtrystrams FREE TYPEで行くことにしました。手帳自体は11月に購入していましたので、12月から早速切り替えて使用を開始しています。この製品、正直とても良いです!

■FREE TYPE選択のポイント
長年愛用していたアクションプランナーからなぜ切り替えたのか、です。ワーク/ライフバランス手帳もFREE TYPEも、どちらもウィークリーバーティカル型である、という点ではアクションプランナーと一緒。

アクションプランナーを何年も使っていて思ったことは、手帳はシンプルが一番だということです。昨年のワーク・ライフバランス手帳を一瞬試用していたときに、改めて思ったことです。

その点、FREE TYPEは本当に飾りっ気のないシンプルなデザイン。この点がまず惹かれましたね。そのほか、選択のポイントになったのは下記の3点です。

(1)ハードカバー
ハード、と言ってもハードカバーの書籍のような状態ではなく、しっかりとした堅さをもった厚紙が使われているというイメージです。SYSTEMICに装着してもくたっとならず、良いポイントです。

IMG_1674

(2)全体の装丁の良さ
ハードカバーだけではなく、全体の装丁が素晴らしいです。背表紙の仕上げもクロス針になっていて、これもデザインとしてだけではなく、SYSTEMICに装着した際にもくたっとならずちょうど良いです。

IMG_1676

また、さりげなく銀押しされたロゴが素敵です。ちなみに日本製であることもさりげなく主張。心憎いです。

IMG_1671IMG_1672

(3)ドット罫線
実はこの製品、ドット罫線なんです。時間スペースだけではなく、余白部分にもドットが。正確に言えば、紙全体にドットで方眼状態になっているという感じ。これがとても使いやすいです。

IMG_1673

これの良さがどこに出るかというと、まさに予定の記載時です。通常、予定の時間を欄左端に矢印で縦に書いていきますが、参加できそうになかったり、同僚が出席しているような会議で抑えておかなくては行けない会議については、欄の中央から右の部分に書くことが良くあります。

この際、ドットになっているとこれがちょうど良いガイドになって、まっすぐ寿司直に線を降ろしていくことができます。これはとても価値が高いことです。

IMG_1679


■デメリットも一部
そうはいっても、やはりFREE TYPEにも弱点はあります。一日の時間表示です。罫線自体は引かれているものの、午前・午後・夜の大枠にそれぞれ6、12、18と記載されているだけで、ほかの時間表示が一切ありません

IMG_1677しかもこの6時間の枠の中に罫線で区切られたスペースが10マスしかないので、このままでは30分間隔で使用することができないのです。

アクションプランナーとの対比を観ると一目瞭然ですね。すっきりとしていると言えばその通りですが、このままでは使いづらいところです。

このため、左側の余白スペースに毎週自分で時間を記載して使用しています。ちょっと面倒ではあります。しかも上述の通り時間とマスの数が合わないので、追記した時間は印字されている時間区分とは一部合いません。まあ、仕方ないですね。

■既に在庫稀少に・・・
記事を今書いているタイミングで取り扱っている店舗を探してみました。元々Amazonでは取り扱いが無かったのですが、現在は楽天でもYahooショッピングでもヒットしなくなってしまいました。

人気があって在庫が無くなってしまったのなら良いのですが、来年版が発売されないとなるとこれはまた困ったものでして・・・

手帳にはこういう性格があるにも関わらず、各社多くの企画製品を毎年に世に出してきますよね。でも飛びついた手帳が例え使い勝手が良かったとしても、来年も必ずある訳ではない

そうなると来年以降も安定して販売されるであろうアクションプランナーに回帰することになります。しかしその安心感があるから、他を試せるのかも知れません。

とはいえ、今年はこれでいけそうです。

|

« コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):④スポーツダイアリー | トップページ | 実録3.11①地震発生~備蓄品配給 »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コクヨS&T新製品フェア2010(2010/07/22):④スポーツダイアリー | トップページ | 実録3.11①地震発生~備蓄品配給 »