グルメ・クッキング

活〆の鯛を湯引きしてお造りに

40D_2009_12_03_7844近くのスーパーで先日鮮魚のチーフが鯛を活〆していたので、彼と話をして湯引き用に半身を皮つきで買ってきました。

養殖の鯛ですが、その日に活〆したばかりなので鮮度は抜群です。

キッチンペーパーを皮の上にかけ、熱湯をさーっと。本当は布巾の方がいいのでしょうが、キッチンペーパーで。

40D_2009_12_03_7845 40D_2009_12_03_7846

皮がちりちりとしてきら、用意していた氷水にさっとつけて完成。

40D_2009_12_03_7850 40D_2009_12_03_7852

熱湯を浴びてちりちりになったこのテクスチャ。美しいものです。

40D_2009_12_03_7855 40D_2009_12_03_7859

これを刺身にして頂きました。皮の触感がたまらないんですよね。

40D_2009_12_03_7866 40D_2009_12_03_7861

湯引きは手間の割に高級感があるのがよいです。また良い鯛があったらやりたいと思います。

最近は全くと言っていいほど台所には立っていなかったので、久しぶりに高揚感がありました。実家から柳場と出刃を持ってこようかな。錆ついていなきゃいいのですが・・

| | コメント (0)