Xperia

XPERIA Android2.1アップグレード実施

IMG_14664月1日にXPERIAを購入してからどのくらいこの日を待ち望んだことでしょう。予告されていたAndroid2.1のアップデートを、アップデートプログラム公開当日に実施しました。

11月10日18時に公開されたアップデートプログラム。当日は残業をしない日ではあったものの、はやる気持ちを抑えて帰宅。バッテリーが虫の息だったこともあり、満充電してから作業を開始しました。

Sony Ericsson Update Serviceからアップデートプログラムを確認し、PCにXPERIAを接続してアップグレード開始。ダウンロードからアップグレードに至るまでスムーズに完了です。

起動後はあらかじめ確認していた通り、内蔵カメラのHD対応のためのファームウェア書き換え。カメラアイコンが表示され、よそ見をしていたら完了していました。その後docomoロゴが表示されて起動。

IMG_1467 IMG_1468

IMG_1471 IMG_1472

アップデート後はバックグラウンド処理が入るとのことで、確かに挙動が重い状態に。なのでしばらく放置していましたが、あまり状況が変わらなかったので、再度充電を行って就寝。

翌日朝になって再起動し、使用を開始しました。

■充実の使い心地に満足

IMG_1473とにかく使いやすくなりました。画面の遷移もスムーズになったし、何より挙動がとても安定しています。

そして改善されたタッチパネルの精度。文字入力時の誤入力が本当に減ったなという実感があります。

おそらく精度向上のほかにもソフトウェアキーボードが立体感を帯びたデザインへ変更されたことも効果の一端を担っていそうな気がします。確実にキーを狙えてタップできている感じです。これは素晴らしいですよ。

■待望のAdobe Reader
Android2.1になって一番嬉しいのは実はこれなのではないかというくらい、待ち望んでいたAdobe Readerのインストールを早速実施しました。

XPERIAにpre-installされているOffice SuiteがPDFの表示アプリケーションに割り当てられていますが、開けないファイルが多いこと多いこと。ほとんどのPDFがエラーになってしまうので、BloomStyleの完成版をXPERIAで見たことがなかったんですね。

Adobe ReaderはAndroid2.1以降に対応。インストールの必要性はかなり高いのでは?

■ブラウザ周りに若干の不満点
素晴らしくブラッシュアップして、まるで新製品を購入したかのような感覚になっていますが、ラウザ周りに若干の問題点があります。

バージョンアップ前にはあった「終了」ボタンが無くなってしまいました。ブラウザを完全に閉じる動作として頻繁に使っていたのですが、これはどうしてでしょう?

仕方がないので、今は「ウィンドウ」メニューから開いているウインドウを「×」で閉じていって、ブラウザのホームページが開いたら右ボタンを押して閉じています。何度見てもこうするしか手がないような・・・?

また、なぜかAmazonのスマートフォン対応ページの横幅が正しく表示されなくなってしまいました。横向きにしたときに最適化されているのだろう、と思って傾けても、実は横にしても横幅が余るという・・・どういう幅なのでしょうか?

■バッテリーの持ちが悪くなった?
あれよあれよという間にバッテリーが減るようになってしまいました。でもこれは一部誤解で、アップデート直後にディスプレイ輝度がMAXになっていたのでした。

ただ、この輝度を下げても、そう今までと変わらないかなというか、若干早くなったかなという感じです。Twitterのタイムラインを眺めていると、皆さん結構持ちが良くなったという感想のようなのですが、この差は何なのでしょう。

ということで満足の高いアップデート。OSのバージョンなど、後発のほかのスマートフォンに少し後れを取っていたXPERIAですが、これでまた追いついた感じですね。この長く使い続けられる感じがまたスマートフォンの良さであると思います。

| | コメント (0)

Xperia使用開始10日後レポート

4月1日の発売日に購入したXperia。すっかり生活に溶け込みつつあります。4月2日は全く触れずに我慢して、3日(土曜)に移行作業を行いました。

■まずは開封
前回のエントリーでは、発売日に買ったもののまだ開封すらしていないという状態でした。店頭でも中を確認していなかったので、「入っていなかったらどうしよう?」というしょうもない不安もありながら、恐る恐る開封しました。

はい、もちろんちゃんと入っていました。

40D_2010_04_03_9403

■あまりの堅さに焦ったバックパネル
早速バッテリーを入れようと思い、バックパネルを開けることに。本体下部に爪を引っ掛けて開けるのですが、これが堅い!当日朝爪を切ったばかりの僕では待ったく歯が立たず、妻の強靭な爪でトライ。しかしそれでもなかなか動かず、ようやく持ち上がったところをよりどころに、開けることができました。

40D_2010_04_03_9405

しかしこのバックパネルはプラスチック製なので、リブは立っているとしてもあまり強い力がかかるとパキーンといきそうな感じがします。まあ、そんなことないんでしょうけれどね。

40D_2010_04_03_9406バッテリーを装着。まだこの時点ではバックパネルは取り付けずにそのまま。このあとSDカードの入れ替え作業があるので、まだ取り付ける訳にはいきません。また開けるときにとても苦労しそうなので。

そしていよいよ電源ON。軽くブルッと本体が震え、次々とロゴが表示され、初期設定画面へ。

おお、このブルーのUIに会いたかった!

言語やGoogleアカウント、Twitterアカウントなどを設定。mixiも完了。これら一通りの初期設定を済ませてから、いったん電源OFF。

バッテリーを外してデフォルトのSDカードを取り外し、あらかじめSO905iで電話帳のバックアップをとっていたSDカードを装着。そして再度電源ON。電話帳の移行作業を行いました。

作業はあっさり完了。もう一度電源OFFしてバッテリーを取り外し、再度SDカードを入れ替え。ここでバックパネルを装着して改めて電源ONしました。これでいよいよ本格利用スタートです。

40D_2010_04_03_9408

■タッチパネルに肩がこる
これまでiPhoneもTouchもほとんど触ってきませんでしたので、タッチパネルで文字を入力することがなかなかうまくいかなくて。思ったところがタップできず、Backspaceの連続。ブラウザでスクロールしていっても、余計なところにタップしてしまいページが遷移してしまうという・・・

それに、本体の横幅がそれまでの携帯電話と比較して広いので、手のホールド感が違う。そのことが肩こりを増幅させていました。

今では感覚がつかめてきたということと、しっかり手に馴染んできたこともあって、大分肩こりは解消してきています。

しかし、会社の後輩の勉強会仲間の女性がXperiaを検討しているというので、しばし貸してあげたところ、ブラウザ操作もスイスイ。「へーここをこうするとこうなるんですね、すごいすごい」なんて言いながら軽快に扱っているんです。初めて触ったのにもかかわらず、ですよ。

さすがにこの時は自分も年を取ったなと思いましたね。まだ30半ばにさしかかろうというところで、そう衰えている自覚もないのですが。いけませんねえ。

■携帯電話とは明らかに別物なスマートフォン
メールにしてもブラウジングにしても、また着信音設定にしても、スマートフォンはこれまでの携帯電話とは明らかに別物であるという認識を持った方が良いと思いました。このマインドを変えることができてから、自分の一部になってきたような感覚があります。例えばメールについては完全にクラウド上にあるので、ここにアクセスしているに過ぎない点。この感覚を得るのに、少し時間を要しました。

でもやっぱり日本の携帯電話の良さもある。おサイフケータイはまさにそれを象徴しているといってもいいでしょう。やはりとても便利だったし、今でもないことの不便さを感じます。

ただ、それを補って余りあるスマートフォンの魅力。そしてXperiaのエンターテイメント性。これからしっかりと使いこなしていきたいと思います。

| | コメント (0)

Xperia! Xperia! Xperia!

とうとう4月1日を迎えました。早々に予約し、事前手続きも済ませ、待ちに待ったXperiaの発売日です。早速購入してきました。

とはいえ、前々から今日は残業をすることが決まっていました。打ち合わせを済ませて、さあ、いよいよ予約していた有楽町のビックカメラへ。

20100401195919想像通り店舗入口からXperia一色という状態でした。ホットモックも複数置いてあって、人が途切れることがない感じでしたね。

店内に入って目に飛び込んできたのが、なんと長蛇の列。もしかしてこの列が事前受付対象者の列なのだろうか・・・と気持ちが萎えかけました。

念のためと思い店員さんに確認してみると、専用の受付が別にあるとのこと。今日の受け取りをあきらめようとも思うくらいだったので、本当に一安心。

しかし、事前手続き対象者の専用カウンターは3つしかなく、ここで若干待つはめに。幸い列の3番目だったので、そう待たずには済みましたが、この時間が何ともじれったい感じ。

しかも見ているとひとりひとり手渡すまでに結構時間がかかっているんですよ。ここでも若干の不安を覚えつつ、いざ自分の番へ。ところがあっさりと受け渡しまで終了し、すぐに帰途につけました。何とも嬉しい拍子抜けの連続。

そして嬉しかったのはシリコンジャケットが特典としてついていたこと。これでしばらく予備ができそうです。嬉しい限り。また、「お待たせしてしまいましたので」とお茶までもらいました。

ということでついに手に入れたXperia。・・・ですが、今日は箱も開けずにそのままにしておきます。箱を開けたら最後、いろいろと止まらなそうなのは目に見えているので。妻を怒らせないためにも今日は自制します。まあ、明日の夜から週末にかけてじっくりと。


40D_2010_04_01_9398

| | コメント (0)

Xperia機種変更事前手続き完了

いよいよ発売が来週に迫ったXperia。今日、予約していたビックカメラ有楽町店で、機種変更の事前手続きを完了してきました。あとは当日に支払いと受け取りをするだけです。

■予約確認連絡
11日に同店で予約を済ませ、その後価格と発売日について電話連絡を受けることになっていました。18日にdocomoが公式に4月1日発売のプレスリリースをしたので、その日のうちに連絡があるかなと思っていたのですが、結果は空振り。

電話があったのは、先週末の連休初日の20日。価格は様々なネット上の情報通り。発売日ももちろん4月1日です。

ただ、それより興味深かったのは、早期予約者を対象にした事前手続きを行うというもの。発売日以降の引き渡しをスムーズにする為の施策ということです。
しかも例のパケ・ホーダイとパケ・ホーダイダブルの二重課金問題についても、4月1日からの変更予約手続きを一緒に行ってしまいましょう、とのこと。これは素晴らしい対応です。

この対応は本当に異例中の異例ですよね。docomoもドコモショップで正式に予約受付をすること自体珍しいとのこと(+D Mobile:いよいよ「Xperia」がやってくる)。この力の入れ方がすごいです。

■いざ事前手続きへ
今日はちょうどNO残業デーだったので、仕事帰りにいざビックカメラへ。心配だったのは窓口の混雑ですが、有楽町店の携帯電話受付カウンターは窓口数が多いので、おそらく大丈夫だろうと思っていました。案の定あっさり受け付け開始。

ビックの店員さんは非常に携帯電話の取り扱いに慣れているというか、手際がいいですね。確認すべき項目を次々に処理。書類に記載している間に、パケ・ホーダイダブルへの変更予約手続きも完了

今回初めて知ったのは、ケータイ補償お届けサービスの特典。今使っているSO905i購入時に加入していたのですが、これが二年間補償交換なしで過ごすと、docomoポイント3000ポイント相当になるとのこと。これは大きいです。

しかもdocomoポイントを利用する際は、×1.05の掛け率が適用されるというのも初めて知りました。なので例えば3000ポイントを利用するときは、3000×1.05=3150円相当の割引を受けられることになります。これも驚き。

なので手続きの際は色々なポイントを確認してみると良いでしょうね。ちなみにビックカメラではiモード.netの同時申し込みで端末代金から525円引きという点も見逃せないポイント。

■あとは当日を待つだけ
ということで事前手続きは完了し、あとは発売日当日を待つだけ。しかも手続き自体は先に済ませてしまっているので、ビックカメラの閉店前に行けばよいとのこと。初めは手続き待ちの時間を覚悟していましたが、残業してからの受け取りもできそうな感じです。

ちなみにシリコンジャケットやシェルジャケットなどの周辺機器については、当日一緒に販売されるような雰囲気たっぷり。個人的にはシリコンジャケットにする予定。初めはレザージャケットにしようと思っていたけれど、方針転換しました。でも遅くとも同時に入手できないといやだなあ・・・

さあ、いずれにしてもあとは当日を待つのみです。いやおうなしに高まる期待感!さあどうなる!

| | コメント (0)

携帯音楽端末としてのXperiaに足りないもの

先日のタッチアンドトライで確認したように、XperiaのATRAC対応はそう非現実的なことではなさそうな雰囲気があります。ATRAC Advanced Losslessで貯めこんでいる自分としては、これは本当にありがたいことです。途中からでもよいので是非やってもらいたいですね。しかし、それらの音楽資産をXperiaに完全に移行できるか、というと個人的にはまだ若干のハードルが

今使っているWalkmanはNW-A608とMDR-EX90SLの組み合わせ。A608が2GBしかないことや、ノイズキャンセリング機能の必要性が高まってきたのでそもそも何らかの買い替えアクションをとろうと思っていたところだったんです。

■SONYが誇る高音質機能
S-Masterやクリアベースなど、SONYがWalkmanで進化させてきた高音質技術が、Xperiaには一切搭載されていません。これではiphoneと同じレベルです。もしかしたら敢えてそのレベルを狙っているのかもしれませんけれどね。

walkman2現行のWalkmanにはこんなに高音質技術が搭載されているのに、それが一つも搭載されていないというのはなんとも残念なのですが。

 

■ノイズキャンセリング機能
やはりこの機能はほしいです。電車や公共の場所でPCに向かったり本を読んでいると、周りの会話がどうしても気になる。特に常磐線は夜社内が非常に賑やかになることもしばしばあるので、早くほしい機能です。

でも最悪ノイズキャンセリング機能は外付けでも構わないと思っています。その場合は、Xperia + MDR-NC600Dという組み合わせでも良いのですが、その場合は高音質機能が欠けている。

walkmana 以上を考えると、個人的にベストな音楽端末はやはりNW-A840シリーズとなってくるわけです。

しかしこうなるとヘッドホンを二つ持ち歩かなくてはいけないということにもなります。このあたりが本当に悩ましいですね。

■まとめ
これを考えると、やはりSONYの携帯音楽端末としてXperiaを見た場合、高音質機能とノイズキャンセリング機能がないことが本当に物足りなく映ります。高音質機能はソフトウェア対応で後から付加される、ということであるなら良いのですが、そんな可能性ってあるのでしょうか?そもそもハードウェア的に対応していないと無理な機能なような気がしていますが・・・

SONYの総合力がこのあたりで発揮されてくれると本当に根っからのSONY愛好家としては本当にありがたいんですけれどね。

| | コメント (0)

Xperia予約しました+タッチアンドトライ

発売を来月に控えたXperia。待ちきれない感が日々高まっていきます。

先週木曜はちょうど午後から新橋でセミナー聴講だったので、ビックカメラ有楽町店で予約をすませてきました。ソニービルのタッチアンドトライにも行きましたよ。

■予約
上述の通り有楽町のビックカメラで予約をしてきました。黒は残り1台とのこと。初めから白にしようと思っていたので、その点は問題なし。予約番号は30番台でした。

まだ価格もそれこそ発売日も明らかになっていない状態ですが、この予約のペースはやはりすごい。それだの注目を浴びているということでしょうね。

一つ注意されたのは、パケ・ホーダイの件。biz・ホーダイとの統合についてはもちろんプレスリリースで把握はしていましたが、現行のパケ・ホーダイダブルではなく、その前からパケ・ホーダイに契約している場合は、注意が必要とのこと。

自分自身まさにそのケースにあたるので、何かと思えば、旧来のパケ・ホーダイは日割り計算ができないので、Xperia契約後に新パケ・ホーダイダブルに切り替えると、その月はパケ・ホーダイとパケ・ホーダイダブルのそれぞれが課金されてしまうとのこと。これを避けるためには、来月初めからパケ・ホーダイダブルに切り替えるように契約を変更しておく必要がありそうです。同じような方もたくさんいらっしゃるでしょうから、その点はご注意を。

■タッチアンドトライ
ソニービル8階のOPUSで開催されていたタッチアンドトライ。初めてXperiaの実機に触りました。

20100311133327興奮を抑えながらいざ実機へ。移動時間を考慮すると滞在可能時間は5分程度しか懸念されていたレスポンスもとても良かったです。スイスイ遷移していく感じがとても小気味よい感じ。

iphoneを使ったこともないので、タッチパネル端末はこんな感じだろうなあというのがうっすらと分かった程度でしたが、とにかく早く自分のものにして慣れたい!という感覚です。

会場にいたソニエリの方に、一番の不満点であるATRAC非対応について話をしてみました。すると、後日対応の可能性もないではなさそうな感触。やはり声は上がってきているようです。この辺はAndroidならではの柔軟性がありそうな雰囲気。

やはり長年のソニーユーザーはATRACで音楽資産を貯め込んでいてもおかしくないわけで、あのフォーマットを普及させようとした当事者として、SONYの対応には期待したいところです。

なにはともあれ、本当に発売が楽しみ。まずは発売が早く決まってほしいですね。

| | コメント (0)

待望のXperia発表

ドコモの冬モデル発表時から噂のあった、ソニー・エリクソン製のAndroid携帯電話であるXperia X10について、今日正式にプレスリリースがありました。

■Xperia(TM) | 製品 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart_phone/so01b/index.html?ref=gp_top

■Xperia™ | ソニー・エリクソンhttp://www.sonyericsson.co.jp/product/docomo/so-01b/index.html

しかし1月のこの時期に発表した割には発売は4月・・・正直待てません。

この端末、機能的にはもちろん申し分ないのですが、とにかく美しい。所有するということに対する情緒に訴えかける要素が非常に強い製品です。

ソニーファンとして、SO503i、SO504i、SO505i、SO506ic、SO905iと携帯電話はソニー・エリクソン製を使い続けてきました。SO906iを最後に新端末がリリースされず、さみしい思いをしていたところです。しかし、SO905iのバリュープラン2年縛りもあって機種変更できませんでしたが、それもこの12月で満了。条件はそろっているという絶妙のタイミングです。

仕様面では本当に文句なしの素晴らしい仕上がりですが、唯一気になるのが音楽データがATRAC対応していなさそうだということ。サイトを見てもATRACの記載がないので、この一点がものすごく不安な思いです。

音楽資産はすべてATRAC Advanced Losslessで貯め込んでいるので、これがそのままPCから転送できないとなるとちょっとショックが・・・

そういう意味では4月まで時間があるので、微細な仕様変更に期待しているところです。

さあどうなりますか・・・?

| | コメント (0)